スポンサードリンク
お探し物はこちらから♪

最近の記事

2008年11月16日

超高速ポータブルストレージ「NEXTODI」

デジカメのメモリーが安くなってきたとはいっても、デジタル一眼レフをRAWデータ記録にして撮りまくるヘビーユーザーやバシバシ撮りまくる方にすれば、心もとないものがあったりします。
そこでおすすめなのが、大容量超高速ポータブルストレージ「NEXTODI大容量超高速ポータブルストレージ」の製品です。

NEXTODIには3タイプありますが、おすすめは「NEXTO M1」でしょう。
NEXTO M1

詳しくはこちらで確認してください。



デジタル一眼レフカメラのユーザーであれば、ぜひ用意しておきたい周辺機器ですね。


私も旅行には必ずパソコンを持っていって、メモリが満タンになる前にパソコンのハードディスクに保存していました。

これがあれば、持ち運びも簡単で、心配いらずですね!

クリスマスプレゼントにいいかも。


posted by FIREDOG at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

実弾発射と姿勢制御可能なUSB接続ミサイルランチャー発売

こんばんは。FIREDOGです。

面白いおもちゃ「USBミサイルランチャー」を紹介します。

■実弾発射と姿勢制御可能なUSB接続ミサイルランチャー発売

USBミサイルランチャー USBインターフェイスでPCと接続し、ミサイルの発射角度や発射指示などをコントロールできるユニークなおもちゃのミサイルランチャー、その名も「USB MISSILE LAUNCHER」がドスパラ アキバ店で販売中だ。実売価格は3,800円〜3,980円。

 「DEFEND YOUR OFFICE AND HOME AGAINST INTRUDERS(侵入者からオフィスや自宅を守れ)」というユーモアたっぷりのうたい文句をパッケージに記したこの製品は、発泡スチロール製のミサイルを発射できるミサイルランチャーUSBインターフェイスでPCと接続し、PCから付属ソフトを使って発射のタイミングや砲座の角度、方向をコントロールできる。PCの画面には4方向の指示ボタンと発射ボタンが現れるので、これをマウスでクリックすればいい。

 おもちゃとは言いながら、ミサイルの飛距離は約2.7m(編集部実測)となかなかのもの。ただ、そのせいか消費電力は大きいようでUSBのバスパワーでは動作せず、単3形乾電池3本が必要になる。また、ミサイルは発泡スチロール製なので当たってもそれほど痛くはないものの、本体に顔を近づけたりしないように要注意だ。主な付属品はコントロールソフトウェアなどを収録したCD-ROM、日本語マニュアル。

 なお、製品単独で使うことはできず、発射や角度調整などを行なうには必ずPCと接続する必要がある。【AKIBA PC Hotline!】


動画もあるよ。

結構飛ぶねーわーい(嬉しい顔)

posted by FIREDOG at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

携帯型動画プレイヤー「VoToL」の全容

こんばんは。FIREDOGです。

携帯型動画プレイヤー「VoToL」("ヴォトル"と読みます)の製品レビューを紹介します。

■携帯型動画プレイヤー「VoToL」の全容

VoToL


VoToL」は、NECが満を持して投入したポータブルタイプの携帯型動画プレイヤー。フレグランスボトルをモチーフにした個性的なデザインのボディには2.7型の大型カラー液晶が搭載され、音楽ファイルはもちろん、動画ファイルや静止画像、テキストファイルなどを閲覧、再生することができる。加えて、NEC独自の音声認識・翻訳技術を応用した、音声翻訳機能を装備しているため、海外旅行でコミュニケーションツールとして活用することも可能だ。

 記憶媒体には約30GバイトのHDDを採用しており、音楽ファイルであればCD約700枚分ものデータを保存しておくことができる。ちなみに、再生可能なファイル形式も幅広く、MP3をはじめ、AAC、WMA、WAV、Ogg Vorbisなどに対応する。動画の場合は、MPEG-2、MPEG-4、WMV9といった主要形式をサポートしているため、コンバートの手間をかけずにさまざまな映像ソースを楽しめるのが便利だ。

 データの転送は、付属のPC用ソフト「VoToL Link」を使って行う。使用しているマシンがNECのテレビパソコンなら、録画予約時にVoToLへの転送予約を同時に行うことも可能だ。

 これだけ多彩な機能が搭載されているにも関わらず、ユーザーインターフェイスは非常にシンプルにまとめられている。そのため、マニュアルを読まなくても5分も触っていればほとんどの機能を把握できるはず。デジタルコンテンツを手軽に持ち出して楽しみたいというユーザーにとっては、この上ない選択肢であると言えるだろう。【CNET Japan】


■NEC Direct

欲しい!

これまた使えるんじゃないですかい?
posted by FIREDOG at 18:41| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 製品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。