スポンサードリンク
お探し物はこちらから♪

最近の記事

2006年11月07日

タブ型ファイラー「MDIE」



マウスジェスチャーに対応したエクスプローラライクなタブ切り替え型ファイラー「MDIE」を紹介します。

MDIE
MDIE

以前紹介した「QTTabBar」もタブ型のファイラーですが、起動が少し重かったのでMDIEに替えてみました。


[MDIEとは]
MDIE(Multiple Document Interface Explorer)。
MDIタイプのファイル管理ソフトで、快適なファイル操作ができるように、Windowsらしさを追求した設計となっている。

[MDIEの特徴]
・タブブラウザを基礎とし、わかりやすいインターフェイス
・エクスプローラと同じカラムを扱うことができmp3infp等を使用可能
・エクスプローラと同じツールチップを使用可能
・ほぼ全てのキー割り当てを変更可能
・マウスジェスチャ標準対応
・二画面モード搭載
・スクリプト機能搭載

[MDIEのインストール方法]
MDIEをダウンロードし、MDIE.exeをクリックするだけ。

[MDIEの使用方法]
画面は左右2ペインで構成され、左側にフォルダツリー、右側に選択したフォルダ内のファイルやフォルダがリスト表示される。
右側のファイルリスト画面では、複数のフォルダをタブで切り替えながら操作可能。
フォルダツリー、ファイルリスト上ではエクスプローラのように、ファイルのドラッグ&ドロップやコピーといった操作や、右クリックメニューが利用できる。
ほかに、頻繁に使用するフォルダをすばやく開くことができる「お気に入り」機能や、ファイルリストで選択した画像ファイルをプレビューする機能なども備えている。
「ツール」→「MDIEオプション」から「閉じるボタンがクリックされたときタスクトレイに格納する」にチェックを入れておくと2回目の起動が速くなるのでオススメです。
タブを一度に閉じる機能で「すべてのタブを閉じる」「アクティブなタブから右側(左側)を全部閉じる」「アクティブなタブ以外をすべて閉じる」などのアイコンがある。
ウィンドウを閉じないようにタブをロックしたり、ウィンドウをタブ表示でなく縦や横に並べる表示に切り替えたりといった機能もある。


一番気に入ったのはやはりマウスジェスチャ機能が標準装備されていること。
タブブラウザでもタブファイラーでも必ず必要ですね。

MDIE



[関連記事]
エクスプローラにタブ革命を!









posted by FIREDOG at 10:25 | TrackBack(0) | 便利ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。